カチューシャ安田のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS カチューシャの読書備忘録173

<<   作成日時 : 2017/04/24 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「家族スクランブル」(田丸雅智/2016小学館文庫)。自分にとって短篇、あるいはショートショートといえば星新一や筒井康隆であり、また人生の機微をさらりとしたオチで描く阿刀田高だったりするけれど、この1987年生まれの田丸氏は、読書仲間のSさんに教えられ初めて知った作家だ。出だしの数行で読者を田丸ワールドに引き込む、いわば強い磁力を持った作家なのかな、と思う。全編オチがないのも新鮮であった。あり得ない話が「あり得ない」まま閉じられることに引っ掛かりを持っているうちは、田丸ワールドを十分楽しめないだろう、と自分に向けて言ってみる。
還暦過ぎの私にとって(単に「読書依存症」でしかない年寄り初年兵にとって)、本書はなかなか手ごわい作品、かもネ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カチューシャの読書備忘録173 カチューシャ安田のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる