カチューシャ安田のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS カチューシャの読書備忘録173

<<   作成日時 : 2017/05/15 18:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「六号病棟・退屈な話他五篇」(チェーホフ、松下裕訳/2009岩波文庫)。以前、同じロシアの作家ガルシンの「赤い花」を読んだ際、その解説に、「赤い花」は「六号病棟」につながる作品だ、との指摘があり、ならば読むべしと購入したのがこの1冊です。だから特別チェーホフが好きとかよく知ってるとかじゃ全然ありません。正直読み進むのがしんどかった!何言ってるのか分からないところも、多々あった。結論。身の丈にあった本を読むべし。「黒衣の僧」というのが、意外とすんなり読めました(ホッ)。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カチューシャの読書備忘録173 カチューシャ安田のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる