カチューシャ安田のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS カチューシャの読書備忘録174

<<   作成日時 : 2017/05/22 17:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「御家人斬九郎」(柴田錬三郎/1984新潮文庫)。父はよくシバレン、シバレンといったものだ。ベーチェット病で、まだ40代というのに目の見えなかった父は、大の柴田錬三郎のファンだった。目が見えた頃は、きっと熱心な読者だったのだろう。私が強烈に覚えているのは、シバレンが「3時のあなた」に出演してその放言ぶりに喝采を送っていたの父の姿。「シバレンはカッコイイ」と今思えるのは、そんな小学生の頃の、父からの影響かもしれない。父が64歳で亡くなり30年。私もこの4月、同じ歳になった。数年前から時代小説(ただし娯楽系)も読むようになったが、その1冊目は柴田錬三郎(当然っしょ!)。「眠狂四郎」全シリーズ読破の予定だが、あと何年かかるだろうナ・・・。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カチューシャの読書備忘録174 カチューシャ安田のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる